2004年10月17日

筑波山

先々週登ったのにまた登ってしまいました。筑波山。
だって近いんだもの。

奇跡的に朝の4時半に目がさめたため
6時過ぎに家を出て朝日がまぶしい筑波山に登りました。
ケーブルカーが動き出すのが9:20からだったため
頂上も人がまばら。
筑波山山頂はたいてい人がわんさかいて落ち着かないのだけれど
世界を独り占めした気分で気持ちよかったです。
うちらが登っているときに既に降りてきている人もいたので
まだまだ独り占めではありませんでしたが。

今回は女体山山頂にしっかり登頂。
男体山のほうはまた今度ということに…。
女体山のほうが展望がいいんです。
すごく綺麗に晴れていたので霞ヶ浦まですーっと見渡せました。
遠くにもやがあったので富士山まで見えなかったのが残念ですが
最近まれに見る絶景でした。

下りはおとなしくケーブルカー。
帰ってきて昼寝をしました。とさ。
posted by onosati at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | やまのぼり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

高尾山(東京都)599M

今回はちょっと遠出を。
高速道路を使って高尾山まで行ってきました。

今回は大学時代の友人と5人で。
高尾山の近くに住む友人宅に車を置かせていただいて
そこから電車で向かいました。
ひとり寝坊で遅刻しましたがそれも予定通りということで。

前日に台風22号が通り過ぎたので
台風一過の晴天を期待していたのですが生憎の曇り空。
登り始める前には霧雨が降っておりました。

高尾山はとても整備された山で
ケーブルカーやリフトで上まで登ることができます。
登山路もいくつもあります。
今回は台風が通り過ぎた後ということもあり
ずっと舗装道路が続く1号路を選びました。

下がコンクリートなのでずっと歩きやすかったのですが
まあまあ急なところもあり。
登頂まで100分弱。
おしゃべりしながらゆっくり登りました。

山頂に着いても霧雨は降っていましたので
展望はまったくありませんでした。残念。

ただ、この時期ならばごった返すであろう高尾山を
人が少ない中のんびり登れたことはよかった。
霧雨煙る山奥も、幻想的で素敵かなぁと。

雨も降っていたし、帰りはケーブルカーで。
ここのケーブルカーは日本一急な部分があるそうで。
動き出しが怖かったです。
大昔にケーブルカーのロープが切れる事故があったとか脅すし。
ほんとかなぁ?

下山してから名物とろろそばをいただきました。

また綺麗に晴れた日にリベンジしたいです。
まだ紅葉していなかったので紅葉した時期に来て見たいなぁ。
ものすごく混みそうだけど。
posted by onosati at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | やまのぼり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

筑波山(茨城県)876M

筑波山は関東平野にそびえる山で日本百名山の1つです。

高さはありませんが、周りを平野で囲まれているために
晴れた日には遠くまで広がる平野が見渡せます。

この日は晴れてはいたものの薄い霞がかかっていたため
下から見上げた頂上は白くぼんやりしていました。

朝10時ごろに筑波山神社の赤い鳥居の横にある駐車場へ着くと
もう満車になっていたので、
少し下ったところにある市営駐車場(無料)へ車をとめました。
紅葉には少し早いけれど秋の晴れた日は登山にちょうどいいのでしょう。

登山道には駐車場にとまっていた車の数から想像したより人が少なかったです。
筑波山はケーブルカーやロープウェーが整備されているので
そちらを利用して気軽に登山を楽しむ人が多いのかもしれません。

筑波山の所要時間は90分。
息を切らしながら上っているご年配の方や
小さな子供連れの家族を多く見かけました。
今回は「レジャー登山」ということで
私のペースにあわせてもらってゆっくりゆっくり登りました。
けっこう抜かされていきます。一応若者なのに…。
ま、苦しむのではなくて楽しむのが登山の目的なので楽に。

筑波山はなだらかな部分もありますが、
急な岩場や延々と続く階段など道が変化するので飽きさせません。
木陰が多いので暑さもそれほどひどく感じませんでした。

ゆっくり登ったので100分ほどで御幸ヶ原へ。
御幸ヶ原は、筑波山の双峰、男体山と女体山の間にあるケーブルカー駅です。
そこでお昼ごはん。
すっかり観光地化しているのでお土産屋さんが並んでいます。
そこのうちのひとつで私は親子丼を、相方はビールとモツ煮込みを。
あんまり味に期待してなかったのにめちゃくちゃおいしかったです。
やっぱり運動の後のごはんは最高ねハート
ずっと腹減ったーとうるさかった相方は
すきっ腹にビールでほろ酔いに。

…酔っ払いは頂上へいけなかった。
男体山頂上、女体山頂上までは少し歩けば着くのですが…。

あきらめて下山。
最近、筑波山で登りは足で下りはケーブルカーというパターンが多くて
新調した登山靴の具合が見たかった私は足で下りたいと主張。
下山に付き合ってくれたものの気持悪い気持ち悪い言ってました。
むー。

教訓
「登頂してから酒を与えよ」

次回は男体山も女体山も登るもん!
posted by onosati at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | やまのぼり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

加波山(茨城県)709M…後編

食事の最中に空が暗くなってきました。
お湯を沸かしてゆっくりコーヒーを飲んで一息ついてから
下山しようと思っていたのだけれど
あまりに天気が怪しいから急いで下山。

急いだのがいけなかった。

登山で道に迷いやすいのは登るときより下るとき。
登りは目標が見えるから迷わないけれど
下りは少し道を間違えると山の反対側に出ちゃったりします。
皆様ご注意を。

はい。反対側に降りてしまいました。
ガイドブックを見ながらいったんだけどね
最終目的地の名が看板に書いてあったから
こっちで間違いないよねっていって。
ガイドブックによると
30分くらい歩けば舗装道路に出るはずになってて
ちょうどそのくらい歩いたら舗装道路に出て
どっちに歩こうかって迷って
30分くらい歩いたけれどふもとに向かっている気がしないから
道間違えたかもと相方が不機嫌になり。
元来た道を戻って
行くときにもいたので一度前通ったお兄さんに
きっと道に迷ってるのばれてるよはずかしーと思いながら
道をたずねると

「あーそこは山の反対側ですね」
「一回山登んないと無理ですよ」
「この道歩いていっても人家があるとこまでは相当かかりますよ」
「山もう一度登るのが一番近いですよ」

もう一度山登るのしんどかったです。
体力的にももちろん精神的にしんどかったです。
相方があきらめついたのか機嫌直ったので幾分楽でしたが。
もー正しい道は来るときちょうど木の陰で目に付かなかったのよね。
道を聞いたお兄さんが毎週のトレーニングにちょうど山登るので
一緒に登ってくれ道を教えてくれ
いいひとだー


教訓
1.下山のときほど慎重に あせらない
2.道は早めにきく 一度前通ったときにお兄さんに聞いておけば…


低い山だったからまた登ったりできたし
お兄さんに会えたから道教えてもらえたし
雨降りそうで降らなかったし
運が良かった。

もしもっと高い山で人も通らないところだったらと思うと
ぞっとしますね。

登山は楽しく慎重に!
posted by onosati at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | やまのぼり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加波山(茨城県)709M…前編

最近ダーリンと共通の趣味と化している登山。
今週末は筑波山の裏にある加波山に登ってきました。

出発は10時半と遅め。
山のふもとの加波山神社に着いたのが12時前だったので
かなり遅めの登りだしです。
山頂付近に黒い雲が広がっていたので
少し不安になりながらも登りはじめました。

登山道はあまり整備されておらず
倒木が目に付きます。
他に登山者も目に付かずゆっくりと登りました。

急な登りはないのですが単調な道が続くので少し飽きます。
この日は晴れていたこともあり山の中腹までは暑くてばてました。
山頂に近づくにつれ涼しくなり登りやすくなりました。
低い山とはいえ高低差は侮れないです。

山頂には小さな社が点々と存在しています。
周りがうっそうと木に囲まれているのであまり景色はよくなかったです。
頂上の目印もなく…
と思っていたら手作りの札を発見しました。
以前登った雨引き山の頂上にあった札と同じではないかと思います。
雨引き山では登山熟練者っぽいおじ様が
するすると木に登り札をつけていました。
きっとあのおじ様がつけたに違いない!
札には【福島】の銘が。
【福島】さんこれから要チェックです。

山頂では携帯ガスボンベを使ってお湯を沸かして
カップヌードルを楽しみました。
アウトドア気分満喫ですハート
少し涼しかったので体があったまって幸せな気分になりました。
社の前で食事したので少し気になりましたが
きちんとごみも持ち帰ったし神様も笑って許してくれるでしょう。

posted by onosati at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | やまのぼり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。